よくあるお問合

よくお尋ね頂く事をご紹介いたします

Q 雛人形は母方の実家が贈ると聞いたのですが・・・
A 雛人形に限らず、節句人形は母親のご実家からというのが慣わしですが、現在ではお互いのご実家で折半し、お返しはしないという事例も増えているようです。
   
Q お嫁さんの実家から贈られてこないのですが・・・
A 実はこの件で頭を悩ませている父方のご両親様は多くいらっしゃる様です。
お正月飾りはそれ自体慣習のない地域もございますし、またお節句自体関心の薄いご家庭もあろうかと思います。
うまくお嫁さん側にお伝え出来れば良いのですがそれもなかなか難しい様で、ギリギリまで待って結局は父方のご両親様が送るというケースが多い様です。
   
Q 初節句に主人の兜を貰ったのですが・・・
A 兜に限らず節句人形はお子様の厄除け・お守りですので、一度厄をよけた物をお下がりの様に飾る事は出来ません。
お父様の物はお父様の物として飾る分には構いませんが、お子様にはお子様のものをお飾り下さい。
   
Q 嫁の実家に代々受け継いでいる七段飾りがあるというのですが・・・
A 雛人形に限らず節句人形はそのお子様にひとつのもので、既に厄をよけている人形を受け継ぐものではありません。
ですが代々大事にされてきたものをお断りするのは門も立つでしょうし、うまくお断り出来ない様でしたら七段は七段でお飾りいただき、小さくても構いませんのでお子様にもご用意頂きたいとおもいます。
   
Q 同性の兄弟(姉妹)です。上の子の時に買っているので、もういらないのですが
A お人形はお守りで一人に一つが基本です。上のお子様とは雰囲気の違うお人形をお選び頂くと良いかと思います。またご姉妹の場合あまり差をつけすぎると大きくなってから妹さんが傷つくという事が多い様です。