お人形

正月飾・羽子板

女の子のお正月遊びとして羽根突きがあります。
これには新春に羽を突いて魔を跳ね除けてその年の厄除けをする意味があります。
その羽根突きに使う羽の先についている黒い玉は「ムクロジ」という種で、これを漢字で「無患子」=「患わない子」といいます。
つまり、無病息災を願う意味です。
赤ちゃんの最初のお正月に健康で優しい女の子に育って欲しいと願い贈るものです。
現在の押絵羽子板は江戸時代に歌舞伎役者の押絵を羽子板に張り付けた事のなごりです。

 

破魔弓

古来、お正月に男の子は弓で的を射てその年の占いをしていました。
その的をハマといい、これに漢字を当てはめると「破魔」つまり悪い魔を打ち破るという意味になるのです。
そして男の子の厄払いのお守りとして「破魔弓」が誕生しました。
男の子としてたくましく健康に育つ様にとの願いが込められています。

 

桃の節句

桃の節句・雛祭りは平安時代中頃からの行事で上巳(じょうみ・じょうし)の節句ともいいます。
上巳とは3月の初めの巳の日の事で子供の無病息災を願ってお祓いの行事をしていました。
それに江戸時代に流行った「ひいな遊び」が合わさり、女の子の誕生を祝い健康を願う行事となりました。

 

端午の節句

端午の節句は奈良時代からの古い行事です。
端午とは月の初めの午の日という意味の言葉で午と五の音が同じことからいつのまにか毎月の五日をさすようになり、更に五月五日だけをいうようになりました。
この頃の五月五日は病気や災厄を避ける為の行事を行う大切な祭日でした。
現在では男の子の誕生を祝い健康を願う行事となりました。